読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

端午の節句(U日記)

sleeping get up 川沿いに鯉のぼり、そうか端午の節句か~。なにゆえに上の写真は女子のジュラ? で思い出した以前の記録。 <a href="http://joyjura.hatenablog.com/entry/2013/05/05/192049" data-mce-href="http://joyjura.hatenablog.com/ent…

墓地でオカリナ(U日記)

U日記 Uって誰?ってお春丸のパートナーです。久しぶりに私が書きます。 街のあちこちに、こぼれ種のポピーが咲いていて可愛らしいです。肥しが足りてないからか本来のひなげしっぽくて可憐です。 さて、彼女の祖父の命日は少し先ですが、その日は用事があ…

Forget U not(U日記)

U日記、懐かしい響きです。 私、表向きジョイ・ジュラのリーダーことUです。と改めて挨拶をしなくてはならないくらい久しぶりです。 明日、我が家のオトコマエな娘JURAが7才の誕生日を迎えます。 さて、なにをしてやろうかな?? 何やら、イヤな予感!? ス…

トリュフを探せ (U日記)

お春丸、今日は術後一ヶ月検診の日。 体力的にはまだ疲れやすかったりするものの、傷自体はだいぶ修復されてるだろうな と思う。退院したら「お寿司を食べに」とか「どこどこに行こう」とか色々言ってた のだが一度中華を外食しただけで、以前のようにぼちぼ…

スポーツ (U日記)

この子にとってのスポーツじゃないよ。 段々を先に駆け上がって振り向いて構えて撮る。 それがこっちにとってはちょっとしたスポーツなのだ。 軽快な犬の飼い主が軽快でなくては格好つかんからのう(笑) 僕の年齢にほぼ並びかけてきたジョイも軽快だしね。さ…

お春丸もうすぐ退院です (U日記)

お春丸の退院が当初の予定通り明日になりました。 食欲も出てご飯の量を増やしてもらうくらいの快復ぶりから 今日退院しても良いような感じでしたが、既に今夜の晩御飯ミートパスタorカツを カツに希望したのでそれを食べてからでないと思い残すことになりそ…

やったぁ (U日記)

手術を目前に控えたお春丸からNHKの「100分で名著」の老子についての番組が とてもよかったので書店でテキストを買ってきてほしい と言われましたが書店になく、急遽僕が老子の代役で迎えたお春丸の手術でしたが 無事に終わりました。 まずはジョイジュラ日…

アンニュイすぎる午後 (U日記)

アンニュイすぎる午後、あるいはおじさんぽい寝姿 ネスプレッソのカプセルが届いた。我々にまとわりついたアンニュイは ネスレの策略に素直にハマることでさらりと流れ落ちる程度の代物だったりする。 苦みの加減を選べるのも嬉しかったりする。 子供のよう…

こんな日もある ・ U日記

アンニュイなジュラ アンニュイ??なジョイ(瞼が二重になっただけか) 我々にまとわりついたアンニュイは、チョコレートの力で さらりと流れ落ちる程度の代物だったりする。 ビターかミルク、アンニュイ加減で選べるのも嬉しかったりする。 感傷は好きでな…

メリーさんの羊・(U日記)

毛を刈りたての羊を追うシープドッグ。 <羊役はミント> パワフル娘でイタグレでは相手できないとの噂もチラホラ、 よってこの子の相手はもっぱらジュラなのだ。 だからジュラちゃん遊ぼう~!と来てくれる。<シープドッグはチャッピー> 走る時、毛が風に…

子供の日  (U日記)

ミーアキャット VS くまんばち ミーアキャットではありません。うちの子です。 大きなくまんばちと戯れる?危険な遊戯中です。 本気?でくまんばちを食べようかとカプッと空振りする歯の音とハチの羽音が 草むらに響きました。親心としては心中穏やかではあ…

JoyJura mizuirazu ・ U日記

昨日の朝、短い散歩に連れて行った時にジョイの内なる声が聞こえた。 「オレ今日走りたい気分・・」 ジョイの声にほだされて 「絵の具が乾くまでの間に六アイに行くか~!」と(近くの公園は春が近くなってか人がザワザワし始めて走らせにくかったのもある)…

ネスプレッソ革命 ・ U日記

革命とは大袈裟ですが、大袈裟な位にお春丸DIYにいそしんでおります! さて、プチ革命に火をつけたのはネスプレッソ! カラフルなこのカプセルから、どれにしようかな?で一日は始まります。 そこで、せっかくのコーヒーを気分よく頂く為にと、マシンの置…

竜宮城はやっぱり日本の味なのだ(U日記)

さて、昨日我が家は竜宮城となった。 話は簡単!理由あって山陰の友人から海の幸がドドーン!!と送られてきた。 一瞬開けたスチロールの箱を思わず閉めてしまいました。 えらい大袈裟やなあって思われるやも知れませぬが、 特大松葉ガニ×2匹 こっぺがに ×3…

逃亡・(U日記)

大そうな見出しになったが誰がって?ジョイジュラは絶対に逃亡なんかしないから、お春丸しかいない。今日午後から単独で逃亡した。しかも自分で「逃亡する」と言って出て行った(笑) 逃亡の前触れは、これといってなかったがミドルエイジクライシスと自己診断…

雑木林に西陽がさす (U日記)

家そばのなんとなく手入れされた雑木林、なんとなく感が気に入っていて二匹もここが好きだ。 さてさて、昨日の日曜日J&Jは久々にドッグランに出掛けてまいりました。 三田のフルーツフラワーパーク、以前に一度、歩きで向かって挫折した所にリトライです。そ…

寝室はこの夏、極上リゾートの予感 (U日記)

寝室の廊下を挟んで向かい側に室内エレベータがあるんですが、 そこのあたりから、ここ数日、早くも上に住んでらっしゃる大家さんとこのエアコンの冷気が降りてきよるんです。そのことに気付いた我々は、 普段はエレベータ―を使わないので閉め切ってるところ…

犬と暮らしているんだなあ (U日記)

トランプに割り込む 母親にキレる息子 片付けの苦手な子供たち 散らかった中がよく寝れる たまにやってくる、いやな仕事 飼い主に癒される

ゆだねる・U日記

アロマを使ったドッグ・ヒーリングなるものに出掛けた。 桜も見納めの散歩がてらに。 満開をとうに過ぎてなお、花明りの瞬きは、土に水に風に映り 既にしてナチュラル・ヒーリングである。 我が影と木々の影とは二度と同じくして重なり合うこと無く まがとき…

日の丸 ・U日記

夕方の市場。 おおっ!お出迎えだな。 こうやって、来る犬、来る人に静かにあいさつをする日の丸(♂)。 いつも行く市場の中のお花屋さんの看板犬だ。 彼はいつもお店の周辺を自由に歩きまわっていて、 決して、遠くにはいかない。 日の丸君に挨拶するのも市…

魔女と媚薬 ・ U日記

これ魔女印の媚薬! 使用者は我が家のジョイ、♂8歳熟年モテ男世代真っ只中なり。 青若くはなく、かといって枯れ色にはまだ遠く、犬生とはかくありなんと その容姿に刻み込まれた者のみが、輝きを獲得する年代なのだ。 この微妙な年代に突入した。 道路沿いの…

獅子犬と変なおじさん (U日記)

「世に小さな微笑みを」てことで獅子犬を連れて神戸の繁華街を行脚して参りました。 平和のために声高に思想やイデオロギーを振りかざしたり、暴力を伴う活動よりも、ひとりの地味な行動の方が 効果的だったりすることもあるのです。 と、そこまでは考えてお…

オムライス (U日記)

お春丸の手ほどきで初めてオムライスを作ってみた。 くるんと上手く回ってくれたではないか! (思わず小さくガッツポーズ。) ケチャップで何かを描いたというようなことはしていないので 深読みなさいませぬよう。 昨日、田舎道ハイキングで帰宅が遅くなり…

流儀いろいろ ・ U日記

東京日帰りを命じられた。 だれに?って、お春丸会長に。 これだな、ビジネスマンが嘆いていたのは。 速く便利な乗り物が出来ると、日帰りなんてありえなかった場所への出張が、 そうでなくなってしまう。 新幹線にのぞみが登場した頃、ビジネスマンたちがそ…

秋色対比  ・ U日記

ふりむけば秋の色 ふりむけば、これが4度目の秋 サクラの落ち葉を乗せてみる。 花の時期と落ち葉の時期、サクラは二度楽しめる。 刷毛目の雲 落ちるまでそのまま 秋はさわやかに深くなる ディープでコアな季節だ。

軸 ・ U日記

15億年後、50億年後のシュミレーション。 地球の軸がずれないで安定して自転できているのは月の存在のおかげかぁ。 その月も、いずれ地球から離れ地球は太陽と共に消滅するのかぁ。 jump〜部分食やってみた。どうかな?そのタイミング ちょっとずれたかな? …

6000マイル12時間 ・ U日記

日本からおよそ10000キロ、関空からイスタンブール経由で行くので14時間ちょっと。 久々にジョイジュラと離れ離れになるというので、お春丸は用意を始めた途端 寂しくなり始めたようである。かく言うワタクシもこうして書き始めた途端に 食欲が失せてきたで…

夏メニュー ・ U日記

うっかり落として割れたラムネのビンから念願のビー玉が出たらしい。 なぜかテレビのリモコンが冷蔵庫から出てくるという珍事もあった。 暑いからねえ。 犯人は誰かって?(笑) 僕ではない。(これ前にも言ったなあ) ところで昨日の夕飯のおかず ・青瓜の煮…

あめつちのうた (天地のうた) U

あめつち ほしそら 天地 星空 やまかは みねたに 山川 峰谷 くもきり むろこけ 雲霧 室苔 ひといぬ うえすゑ 人犬 上末 ゆわさる おふせよ 硫黄猿 生ふ為よ えのヱを なれゐて 榎の枝を 馴れ居て 「あめつちのうた」は「いろはにほへと」が出る以前の文字覚…

アクアリウム(U日記)

welcome to my aquarium

ボバピツアーズ・UバージョンⅡ <千年の森の虚と実>

写真は、思い出を何度でもリピート出来る約束された装置であり記号である。 そして当然のことながら虚像である。 つい、こんな書き出しになったのは、おそらく この森に仕掛けられた、少し意地悪で遊び好きな作家たちのコンセプチュアル・アート の仕業に違…

ボバピツアーズ・UバージョンⅠ <千年の森でダイヤモンドを拾う!>

ツアーもいよいよ終盤。ボバピパパさんが黒子役なら、 さしずめ僕は空気といったところか。姿は殆どどこにも写っていない。 ボバピママさんの日記にだって僕の姿はありゃしません。 そう、木に化け岩に化け、そして空気にまで化けて幸せなワンズたちの写真を…

古代ギリシャ展のポスターを遊ぶ

街で見かけた古代ギリシャ展のポスターに、写り込む現代の街の情景が面白くて 写真を撮った。そこに我が愛犬を重ねてみた。 愛犬家はすぐにこんなことをしたくなる。 - と、ここまでU日記↑↑ 実は、Uさんがやっと自分のブログを始めた。 仕事の話を織り交ぜる…

酒屋に辿りつくまで(U日記)

何てことはない 瓶ビールを一本、買っただけのことなのだ 辿り着くと言うのもまったくもって大袈裟であり、 ジュラとお春丸抜きの、ジョイとの散歩帰りに酒屋に寄っただけのこと。 いつもの公園を通り ジョギングコースを走り 時に軽快にジャンプなどして 木…

ケーキ屋に辿りつくまで(U日記)

何てことはない ケーキを二個、買っただけのことなのだ 辿り着くというのもまったくもって大袈裟であり。 ジョイ兄とお春丸抜きの、ジュラとの散歩帰りにケーキ屋に寄っただけのこと。いつもの公園を通り 階段を上り 時に軽快にジャンプなどして 木立を抜け …

peace (U日記)

グレハンと男☆ いやいや、ジョイと男の子。 最近あった、嬉しいこと。 それはジョイが時折、片足あげてシッコするようになったこと。 そんなジョイ兄の姿を見ると僕は嬉しいのだ。 そして最近あった、悲しいこと。 お気に入りの湯沸しポットが大気圏突入のご…

Private Morning 2    (U日記)

coffee time good morning !

夜と朝 (U日記)

midnight morning midnight morning

おとな四人と三犬の午後 (U日記)

水たまりをそれぞれに避けるの図今や僕の座右の書、「おとな二人の午後」をもじってみた。「大河の一滴」の著者・五木寛之と 「ローマ人の物語」の著者・塩野七生の異邦人対談の一冊だ。 J&J家、本年最後の来客は W。そう、わらび家さま。いささか趣向を変え…

Private Morning

Jura's portrait Joy's portrait

BAR  (U日記)

二匹は夜更けに家を出た。 いつもの坂道を下りて通りに出るとタクシーを拾った。 行先を告げると、初老の犬の運転手は二つ返事で、 あのイタリアングレイハウンド3兄弟が切り盛りしている憩いのBARですねと。5,6分も走っただろうか車は寝静まった住宅街の…

HOLD HERE (U日記)

「永遠と一日」と言う映画を見た。 敬愛するテオ・アンゲロプロスの作品、かねてから見たかったのだがチャンスを逃し かれこれ12年もの歳月が経ってたという事を、字幕をみて知った。 BSに手を合わせる思いと12年の募る思いで新作を最後まで見切った。 とい…

台所のバッハ  (U日記)

台所のブラインド越しに差し込む午後の光。 食器や鍋、あらゆるモノに反射して、あるいはすりぬけて、小さなステンドグラスのごとく台所は一時の小さな教会と化す。 教会に入り おやつを物色するひとときでもある。冷蔵庫の辺りに立ち,取っ手を引いたり が…

ナツイチ (U日記)

巷では哲学本ブーム ニーチェもゲーテもみんな悩んで大きくなったんだって? ぼくも悩んで大きくなる! ジョイ・フランク わたしは悩みたくない!! ジュラ・ブリジット

早起きは三文の写真タイム(U日記)

それぞれの朝 それぞれの形 朝の躍動 朝の佇まい ??? Good Morning! I'm Joy How are you ?

DARUMA(U)

茶葉の中に犬と人発見。 人の傍らに立つ犬はシェパードかな? クローズアップしてみるとこんな具合。 たわいないことだが 丸く赤い実がチャーミングな紅茶、DARUMA。

1 CRU (U)

ジョムリエよ、香りの向こうに何か見えるか? すみれ咲く斜面の情景だとか、落ち葉の香りだとか、 もしや土質までキャッチしたのか〜 ? 先日、画商さんから頂いたブルゴーニュの1-CRU(一等級)のワイン。 サン・ジョルジュ村のその名もサンジョルジュ。 あ…

樹の海(U日記)

ほのかに甘い香りの初夏の花 ニンドウ 近くの公園にて このタイトルでピンとこられた方は、まことに霊感あらたか。 東京・虎ノ門にオフィスを構え、環境調査の会社をやっている友人のM氏に誘われて 樹の海を歩いてから、かれこれ10年近くになる。 そして今年…

いなせな尻尾 (U日記)

お春丸の所用で初めての街へ待ちの間にジョイ・ジュラと少しだけ散策 コンテンポラリーギャラリーの前で いなせな尻尾 由緒正しき待ちの姿勢 ジョイ兄は駅だろうと店だろうと、こうやって、ひたすら出口という出口を見つめて健気に待つ。 と、そこへジョイ兄…

胡麻の香りのルッコラ(U日記)

季節は大方の狂いなく野ばらの花が咲いた。 渓流沿いに遡上していくほどに花びらは薄く繊細になり、 逆に海風の強く吹き付ける所のものは低くがっちりとしていた様に記憶している。 J&Jが遊ぶ近くの公園の 桜の幹に蔓が伸びていて初夏の合図にしている。 …