Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

うさぎのほっぺ(U日記・30日の出来事)

まだ肌寒いけれど背中に太陽の暖かさを感じます。
空の色も木々の影も鮮やかさを増し、確実に季節は運行しています。
ジュラも復活しチームJ&Jにも活動的な季節到来です。

f:id:joju8:20100330230113j:image
Joy Jura 走る。

f:id:joju8:20100330121042j:image
そして  バトル。

f:id:joju8:20100330121353j:image




こんな具合に身の回りがようやく春の活気に満ちてきました。



そして我々の今夜の食材の調達にはJ&Jは、ほっこり家で留守番。
メインは、昨日に続いて春鰹の刺身と、よこわの刺身。(タイムサービスになってたので両方)
鮮度抜群だったので両者異論なし。
アスパラなど野菜を選んだあと、最後のデザートを選ぶ時になって意見が合わない。
僕はシンプルなドーナツを希望したのですが、表示を見てはショートニング
入っているから体に良くない、カロリーが高いなどといった理由から、あえなく却下。結局
お春丸監督の意見にしたがって「うさぎのほっぺ」と言うネーミングの白くて薄いどら焼き風のものに。


f:id:joju8:20100331011322j:image:w300
さてさて、今宵のディナー。春鰹とよこわ(クロマグロの若魚)の味比べは共に甲乙つけがたし。
まさに旬の味で絶品!


そして、満足なディナーの後のお茶口に「うさぎのほっぺ」登場
ところが、この品、一口食べて奇妙な味に絶句!
お春丸は、爆笑!?
それでもどうにか食べ切りはした。
f:id:joju8:20100330221957j:image:w300
※まさか、こんなにびっくりする事態になると
思っていなかったので写真は食べた後の袋のみ


人は想像を越えた美味しいものに出会ったとき、声を呑んだり、
筆舌に尽くせなくなったりしますが、奇妙さに声を呑みました。
せっかくの夕食の味の余韻もどこかに吹っ飛んでしまいました。(笑
スイーツ、この喜ばしくも恐ろしきもの。(教訓)
とにかく後味は翌朝まで残る見事な粉っぽさ。


豪華二点盛り春ディナーが、まさかの〆の一品で、後々語り種になるであろう気分の悪さに(笑
選んだ当のお春丸も撃沈!


時にとして人はおかしなものを選んでしまうことがある。


「うさぎのほっぺ」。今宵の満月に惑わされたのだろうか?
f:id:joju8:20100331011257j:image