Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

ペンギンの話

本日、Uさん個展の為一週間程度の出張に出掛けたが
出発するまでに、仕上げないといけない事務的な作業があったのに
残念無念完成ならず。
なんてダメダメなわたし、なのでしょう。思うようにいかない・・・。
もう、どうせ遅れるなら遅れついで明日まで伸ばして、今日は日記を書くことにした\(^o^)/


書くことは、色々と溜まっているのだ=3
とりあえずペンギンの話を♪



それは、昨年スイスに行った時に叔父さんから聞いた話なのだ。
叔父さんの知り合い夫婦が幼い一人娘を連れて、三人で動物園に行ったそうな。
日本でも聞いたことのある、園内のペンギンお散歩タイムという行事がスイスの動物園でも
行われているらしく、三人で楽しくペンギンの散歩を見学したんだとさ。
動物園での楽しい一日は終わり、一家は車に乗り帰路についたのだが
娘の様子がいつもと違うのだ。
いつもは、にぎやかでおしゃべりが絶えないのに何故か押し黙っている・・・。
するとリュックがゴソゴソ動き!?

なんと

ペンギンの子供が入っていたのだΣΣ(゚д゚lll)!?
あまりの可愛さに娘さんが散歩中のペンギンの子供をリュックに入れてしまったのだ。
当然、慌てふためいた両親は急いで動物園に電話をしたのだが
もう閉館時間ということで一晩預かって翌日に連れて来て下さい
と言われたそうな・・・。
どうやって?!と聞くと「風呂場で寝かせたら良い」とのこと・・・。
ペンギンちゃんは、一晩、お風呂場で過ごし翌日には無事
動物園へ返されたとさ、めでたし♪めでたし♪


こんな話を聞いたのだ。
このペンギンを誘拐してしまった女の子の気持ちってなんだか、すごく分かる。
実行したことはないけど、そういう気持ちなら私も持っていた。
そして、この話を聞いたその晩に忘れられない夢を見る。
                      ↓

        f:id:joju8:20100907233516j:image:w400

私は、ジョイのような生き物と手を繋ぎながら自分の家に向かおうとしている。
景色はスイスの山のある景色のイメージと、実際に住んでいる町のイメージが
ごちゃ混ぜになっており、後ろから夕陽に照らされている。
家には、もう一匹なにかしらの生き物がいて食べ物が無いのでは?!とすごく心配している。
(多分、ジュラのことだと思う)
手をよりギュッと握るのだけど、獣らしい爪、ナマケモノのような手の感触。
   
                        

       f:id:joju8:20100907233320j:image:w300
この時の感触を夢なのだけど今でもすごくリアルに覚えている。
ペンギンのイメージと、だぶったのかなぁ。
ジョイ・ジュラを残して来てたので、すごく気がかりだったのよね。



こんな夢を胸に抱えながら日々を過ごしている毎日。
つい三日程前に何気なくyou tubeを見て遊んでいたら(こんなんだから仕事が間に合わないのさっ=3)
なんと、びっくり!あの時の夢のイメージにぴったりくる映像のワンシーンを発見!?
顔は、人間の男っぽすぎるけどジョイみたいな生き物が出てきて女の子と手を繋ぐのだ!
※ラブストーリーとして見ないこと(笑)

これを見ながらわたしが、


「わたしとジョイや!わたしとジョイや!!」


と騒げば騒ぐほど、Uさんが後ろで


「キモイ!キモイ!!」


とわたしのことをキモがる。
でも、例えそれが一人よがりの妄想でもジョイは私にとって
こんな感じの存在でもあるかも?
ジュラは、また違うのよねぇ。
ジュラは、すごく仲良しな妹という感じかな(●´艸`)〜?