読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

葉っぱと昨今

ジュラさんや、最近いかがお過ごしでしょうか?


ええまぁ、ボチボチ過ごしてますわぁ〜


具体的にどないボチボチ過ごしてはるん?


そうねぇ〜
犬用カートで灯油を買いに行ったり


スーパーの前で凍えそうになりながらUさんと出待ちしたり


そうそう、この前はジョイ兄が大の方を外して(何故かUの仕事場の前(笑))
怒られてたっけ(笑)



でも、ちゃんと私が慰めてあげたよ!


そして、あたしと言えばこたつ(^^)v

少し暖かくなってきたけど、こたつで寝るのは止められない!!


でも・・・

なんでジョイ兄があんなに美味しくない葉っぱ
あそこまで必死で食べるのか、やっぱり分からないなぁ。。



あたしは、葉っぱいらない・・・


でもね、ジュラッポ!! (ここからは、お春丸の語り)
Hunting Book of Gaston Phebus: Paris, Bibliotheque Nationale, MS Fr. 616, Manuscripts in Miniature Ser. (Manuscripts in Miniature, No.3)
この前買ってきたハンティングブックによると、600年前のあなたの祖先は
狩りの無い日は、一日二度の散歩に行き、トレーニングと同時に牧草地で
わざわざを食べさせてもらってたらしいわよ(~o~)/胃腸のために〜


それとねぇ、
あんたとジョイ兄みたいに、若いのと年上のでペアになって
年上が年下の教育係してたらしいよ。


鹿狩りに行くと活躍したワンコ限定・一犬のみ、獲物の解体時に
鹿の頭を食べさせてもらえたみたい。
他のワンコは、滋養のため獲物の血をしみ込ませたパン、最後に全員で内臓の
フルコース。猪狩りの場合もやっぱり血をしみ込ませたパンと内臓。
でも猪の場合は火で内臓を炙って殺菌してから与えられてたとか
(鹿・猪の大型獲物はマスティフの系統が主に活躍したみたいだけど)

そして、狩りのない日は・・・「パン」ですって。



「オレ、パンだけなんて耐えられないぜぇ〜!!」


と言いつつ、葉っぱさえあればパンだけでもやっていけそ〜
とか思ってしまう程、生野菜が大好きなジョイ(笑)


600年前の狩りの本に出てくる職業としての犬の世話人。
犬の爪を切ったり、毛並のお手入れしたり、散歩に連れ出たり・・・
まるで私の生活みたい(゜o゜)と思った。
まっ、こんな感じでボチボチ過ごしてます(^_^;)