Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

思い出に浸ってみる。


久しぶりに昼ごはん作りに気分が乗った!

f:id:joju8:20110504143013j:image:w450
マレー風海老煮込み&インゲンのにんにく風味煮物

辛過ぎない海老カレーっぽい感じだ。
なんか、こうリゾートな感じ?せめてお昼だけでも?
決して世間がGWでいじけているわけでは、ないけどさ。


はぁ〜美味かった。そして、懐かしかったぁ。
たまに作るマレー風海老煮込み(あくまで“風”であるが)
これは、旅先で食べた思い出の味で、そこへ行っていなかったら
決して作ることがなかったであろう、一品なのだ。
その行き先は、Malaysia-Pangkor Laut Resortであった。

f:id:joju8:20110505014221j:image:w500

ここは、ヤバイ。本当、もう帰ってきたくなくなる。
マレーシアにある小さな島で、島まるまるが一つのリゾートホテルなのだ。
要するに住人はホテルの従業員のみで後は、リゾート客のみ。
宿泊場所は、海の上に立っている・シービラ、庭にある・ガーデンビラ
高台の丘にある・ヒルビラがあって、我々はヒルビラに泊まった。
要するにジャングルの中にコテージがある感じ!
f:id:joju8:20110505042520j:image:w400
足元には、蛇がいたりする。
コテージのベランダには、孔雀が飛んできて寛いでいたりする。
f:id:joju8:20110505014206j:image:w500
孔雀がジャングルの茂みに飛んで行く姿は、まさに「火の鳥」そのものだった。
サイチョウも木の実を食べに来たりするのだ。
f:id:joju8:20110505022352j:image:left:w200
そして、あちらこちらに「Do not feed!」と書い
てあったにも関わらず、エサをあげたつもりでなく
バナナが腐りそうだったから、ジャングルに向かっ
てバナナを捨てたら、サルにコテージを占領されて
しまったΣΣ(゚д゚lll)
猿一族の迫力ときたらすごかった!先頭のボス猿
から始まって子分一同、ファミリー一同、子ザルを
抱いた母ザルまで、これは猿界の参勤交代か?!
と思ったくらいだ。



ちなみにコイツは、参勤交代関係なくその前から寛ぎに来てたヤツ

f:id:joju8:20110505022220j:image:w300
太陽の光が反射して金色に輝く猿、美しかったなぁ。


そして、部屋から見える景色がこちら
f:id:joju8:20110505044752j:image:w500
部屋にはあえてテレビが設置されておらず、日常の情報から遮断された
その世界は、まさに楽園であった。



で、マレー風海老煮込みの話に戻る。
これを食べたのは、このリゾート内でなくマレーシア本島にある、こちらのリゾート
行きの船も出ている港にある食堂なのだ。安い、ウマい、早い、要するにリゾート客
が利用しない感じの食堂なのだけど、リゾートホテルのレストランより、ここの食堂
の方が美味しく、記憶にも残っているのだ。
色々なおかずがカウンター内にあって、欲しいのを選ば良いシステムでインゲンの
煮込みと海老煮込みとライスを選んだ!という思い出なのさ。
f:id:joju8:20110504142637j:image:w300
ズッキーニは勝手なアレンジね。


そして、次に思い出に残る味なのがクアラルンプールにあるヒンドゥー教の聖地の
バトゥー・ケイブの近くにあるナン・カレーの屋台。
f:id:joju8:20110505014023j:image:w200
こんな風に注文を受けてからナンを焼いてくれる。
カレーはテーブルの上に三種類程大鍋に入っていて、自分が食べる分を
適当に取って、焼き立てナンに付けて食べるのだ。カレーは冷めているので
あまり辛く感じないのが良い。このナンは、とても再現できないなぁ。


ちなみにこちらがバトゥー・ケイブ。鍾乳洞の中にあるのだ。
f:id:joju8:20110505014228j:image:w300
子供の頃に親の仕事の関係でマレーシアに住んでいた時期があって
ここは、海外からお客さんが来る度に案内するのに何度も行った場所で
本当に思い出の場所。マレーシア最高!
何年も行ってないから、ちょっとホームシック(?)な感じ(T_T)
f:id:joju8:20110505014218j:image:w480
東南アジア大好き。南国大好き。
パンコール・ラウ島もいつかリピートしたい!
f:id:joju8:20110505042513j:image:w480
年齢制限があって子供は不可なのだ。まさに島全体がディスニー・ランドの
気配りという感じであった。


しかーし!
f:id:joju8:20110504170127j:image:w500
今の私には可愛いワンコがいるので簡単には行けないのよね〜。
それに先立つ物もいるしね〜(^_^;)当時、思い切って贅沢してみたけど
その分、普段はよー働いてたと思う(笑)


ちなにみにパンコール・ラウの思い出、ここにも生きている
                    ↓↓
f:id:joju8:20110504154113j:image:w500
現地でUさんが来ていたTシャツがヨレヨレ・ノビノビになったので
今ではジュラの服になっているのだ。
旅先での味を再現してみたり、ノビノビ服を再利用したり、後からも
思い出を楽しんで、生活の励みに出来るのが旅行の醍醐味ですなぁ。
ただし、“最高の旅”であることが条件である。
勘を働かせて、その時の自分のピッタリの行き先を見つけ出すことが
とても大事。
それが出来れば、その旅は“一生の宝物”になること間違いなし!
犬と暮らすこともまた然り。