Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

Lily's 90th Birthday Party


2011年8月7日(日)いよいよ、リリィお祖母ちゃんの誕生会が始まる。
その会場となったのは山の中腹にあるrestaurant hergiswaldという
スイス料理のレストランで敷地内には教会もある。
f:id:joju8:20110807190135j:image:w400
f:id:joju8:20110807192000j:image:w400


       可愛らしいお地蔵さんみたいな石像もあったりして
         f:id:joju8:20110807192012j:image:w300


おとぎムード満点な会場なのだけど、本日の主役のリリィおばあちゃんはパーティーが
苦手なのである。今回は身内だけの少人数なパーティーがテーマらしいのだがワタクシ
も、人の集まる場所が大の苦手なのだ。
まずは、レストラン前で親戚それぞれの挨拶タイム・・・。
f:id:joju8:20110807191946j:image:w400
ワタクシもあの群れに入って行かなければ!!


突入だ(>_<)!!!
f:id:joju8:20110807191416j:image:w400
   ↑ワタシ        ↑リリィ       ↑セピ(おじいちゃん)


ハイ、なんとかなりました。。大人として振る舞わないとね。
久しぶりに会う、私よりうんと若い従妹たちもいつの間にか大人っぽくなり
大人の挨拶をする。みんな、達者だなぁ。
リリィも前日には
「こ、呼吸が出来ないわ」
と言うほど動揺しつつ、緊張していたけど本番の今日は元気にがんばっているんですもの!
若い私ががんばらないでどうするのだ。
それにしても、もうすぐ91歳になるセピ(おじいちゃん)は元気だなぁ!


一通り挨拶が終わると今度は野外テラス下でApéritifの時間。

f:id:joju8:20110807192037j:image:w400
ウェイトレスさんの制服が可愛い◎


リリィはオレンジジュースを我々は白ワインをいただく。

f:id:joju8:20110807192154j:image:w500
うん、リリィもだいぶリラックスしてきたみい!

f:id:joju8:20110807192616j:image:w500

リリィは、もうほとんど目が見えない。
身体の不調も当たり前。長生きは楽ではない、とのことだが
長生きしてくれて本当にありがたい。


食前酒の時間も終わり、やっと室内のレストランへ移動。
f:id:joju8:20110807200026j:image:w400

f:id:joju8:20110807201214j:image:w400

スイスに来ても私はほとんど外食をしないのでお料理も楽しみ♪
少し下世話な内容になるが、こういうパーティーの会費は主催者が出すことに
なっているのだとか。今回は、リリィ夫婦と三人息子で出し合い私を含め他の
ゲストは全員無料、会費もゼロである。ちなみに結婚式も新郎新婦で出し合う
らしい。お祝儀も会費もゼロ、事前この質問をしたら
「今まで結婚式に出席して一銭も出したことないよ!」
とびっくりされた。道理でみんなジミ婚なんだと妙に納得。
下世話な話はおしまい

乾杯!!!
Sante!!!!
f:id:joju8:20110807200634j:image
Happy Birthday Lily!!!!

ハッピーバースディの歌は世界共通。
めでたいめでたい!!

食事はコンソメスープから始まった。
f:id:joju8:20110807204913j:image:w400
私は、本物のコンソメがとても美味しいと感じたが、他からは夏なのに
なんで冷製スープ・ガスパチョじゃないのだ?!という意見もあった。
いやいや、ここスイス料理のレストランでしょ?ガスパチョはスペイン料理だし!!
と心の中でツッコミを入れる我あり(^_^;)


前菜のマスは全員、文句なしに絶品であった。
f:id:joju8:20110807202210j:image:w500
少しスモークがかっているような味だけど鮮度がかなり良さそうで
本当に燻製なのかどうかは謎のまま。しかし、美味かった。



ここでまたちょっと下世話な話を・・・。
席順が事前に決まっていなくて、そのことでだいぶごちゃごちゃしました(笑)
人が集まれば、親戚が集まれば、笑いあり、ごちゃごちゃあり、これも世界共通ね!

f:id:joju8:20110807212427j:image:w500
メインの牛肉も絶品であった。
当然ながらこちらには霜降り牛などというものは存在しない。
それでも柔らかくサッパリとした赤身。
添えられているのは薄くスライスしたじゃが芋を重ねたポテト
グラタンに野菜の煮物。どれもお代わり可だったけどお腹が
一杯でお代わり出来なかったのが残念な位であった。


色々と緊張したけど、リリィの90歳のお祝いの席に来られて本当に良かった。
f:id:joju8:20110807223756j:image:w500

今まで、私はリリィとお別れをする度に悲しみ過ぎたと思う。
ついつい、次に来る時にはもう会えないかも・・・と考えすぎていたのだ。
まさか、リリィやセピとこんなに長い付き合いが出来るとは夢にも思って
いなかった。なので今回のお別れの際には、悲しまないことにした。
きっと、また会えると信じて。それに、もっと生きると勝手に思っていた
母親が数年前に亡くなって考え方が少し変わったのだ。
距離的な問題よりも、生きているかどうかが重要に思えるようになったと
言えば良いのかな?


おっと、忘れかけていたデザート
f:id:joju8:20110807225358j:image:w400
チョコレートムース。少し甘目であった。


f:id:joju8:20110807200052j:image:w400
大学生のこちらの従弟、前回会った時にはスポーツ一筋だったのに
メガネなんか掛けて雰囲気変わったなぁ!インテリっぽくなった?!
と内心思っていたら
「日本はナノテクノロジーを勉強するのに興味深い場所だね」
とか言われて、何やらコヤツ研究者を目指しているらしくびっくりした。
何はともあれ従妹たちはみんな若く、感じがよろしい。
f:id:joju8:20110807232010j:image:w400

コーヒータイムも終わり、最後にみんなで近頃パワースポットとして評判の
赤い屋根の教会へ行くことに。
f:id:joju8:20110808000135j:image:w300
昔はこの中央の部分のみの小さい教会だったのを後から
この外側を増築したのだとか。
f:id:joju8:20110808000331j:image:w300
天上の模様がステキ!



リリィと歩いている親戚の彼女、病気の友人の為に
ここの聖水を贈ってあげたいと言うのだけど
f:id:joju8:20110808000653j:image:w300

しかし、リリィ
「水は持って帰ったらダメよ!ばい菌だらけで病気になるから。
ましてや口に付けたりしたらダメだから」
と釘をさす(^_^;)


そういえば、教会に入る直前に叔父さんに

「ここの聖水が病気に利くって噂なんだけど信じる人にだけだね!
こういう所の水は不衛生なだけだからΨ(`∀´)Ψ」

と言われた・・・。
どうやら潔癖症で現実主義的なところは着実に息子たちも引き継がれているらしい(笑)
リリィ曰く、
「みんな病気を治しにこの教会にやってきて、汚い水を触って
病気になって帰るのよ、皮肉なものだわ」
とのこと。


そんなリリィもろうそくだけは灯します。
f:id:joju8:20110808000543j:image:w400
日本だと、お線香をあげるようなものかな?
子供の頃、リリィと一緒にろうそくを灯すのが好きだったなぁ。


f:id:joju8:20110808001825j:image:w400
こういう一連の流れで無事に90歳のお祝いは終わった。


リリィが頑張ってくれると本当に励みになる
f:id:joju8:20110807222222j:image
また会いに来るから、これからも長生きしてね!





それからUさん・・・本当にご苦労であった。
異国の地での親戚付き合いには毎度のことながら少々、疲れたと思う!
写真もいっぱい撮ってくれて、よう働いてくれました(^^)/