読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

ぼろぼろのパンツ

 
衣替えの季節到来で、今年もまた一度も袖を通さなかった服を仕舞う。
でも、止めた。今年着なかったものは来年も着ない。
 
気に入っていたけど、捨てよう・・・・
 
        
 
 
 
と決意してみたものの、ゴミの日の前日になると躊躇してしまう。
 
 
そうだ!試しにちょこっと着せてみよう!!

うぅ、似合うではないか。これはリメイクするしかない!

 

それから、どれほどの時間が過ぎたのでしょう・・・
 
 
お春丸さん、まだですか~???
 
 
 
 
 
 
 
くぅ~長かったぁ=3
 
 
 
ついに完成よ~~~✿✿✿
ポイントは裾のピンク色
                         おぱんちゅには目をつぶっておくれ(汗)
 
 
折角作るなら、着心地の良い服に仕上げたいし、この服に限っては御蔵入りは嫌だったので普段は絶対にしない仮縫いを何度もやり直してようやく完成したのだ。
(で、この程度の仕上がりか、っていうツッコミは無しでお願いします)
断捨離って、なかなか出来ないので嬉しい。今だに、すっごいボロボロのパンツを捨てられなかったりするのだ。理由は簡単、それが亡くなった母に買ってもらったものだからである。この青いサマーセーターもしかり。一緒に買いに行った時のことは、今だになんとなくながら覚えている(十数年前)。
だから、捨てれないんよねぇ~。もう確実に、100%、これからの未来、母親に何かをもらうという出来事が無いと思うとついつい、ボロボロのパンツも履いてしまう。
(20年ものとかあるよΣΣ(゚д゚lll))
でも、きっと母が生きていたら、“そんなボロボロのパンツを履くのはよしなさい!”
って言いそう(^_^;)
あぁ~このサマーセーターは、“勿体ない!!”って言うかも。
こういう回想って、ほとんどの人が経験するようなありきたりのことなんだろうなぁ。
もし、この日記を読んだ人で、大事な人(犬も)に関連するボロボロの物があったりしたなら、生きているうちに捨てなさい!っていうのが私のアドバイス(ーoー)!!
取っておくと、捨てれなくなるよ~。
かと言って、勢いよく何でも捨てると思い出の品がなくなるので要注意。
 
 
 さぁ、ジョイ兄、お散歩に行きましょうねぇ~♪♪♪