読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

~Bern~ 書きかけの日記と帰国

travel

ブーーーン

f:id:joju8:20140806210906j:plain

古都ベルンにやって来た。

最後の小旅行、息抜きを兼ねた一泊旅行だ。
ベルンには、何度も来たことがあるが街中(旧市街)に泊まるのは始めてだ。

f:id:joju8:20140801052903j:plain


やはり、昼間にだけ来るのと泊まってみるのとでは、印象が違う。

f:id:joju8:20140801053102j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまでが7月31日に書きかけた日記。

ベルンでの一泊旅行の当日、夕食を終え、ホテルで一息つきつつ

「さて、久々にブログでも書くかな」

とベッドに寝転びながらスマホに向かっていた。

夜の十時頃だったけな。

すると、父から持たされていた

強烈な着信音のするサムスンプリペイドガラケー

ティロリローリー! ティロリローリー!! ティロリローリー!!!

とふいに鳴った。

????

昼間に会ったばかりなのに、なんじゃいな?

世間話のように今日のベルンでの一日の様子を聞いてくる父。

それを一通り言い終わったところで、悪い知らせがあると・・・

 

来た

 

祖父が亡くなったと。

 

当然ながらブログの続きを書く気力は無くなり

バタバタと時間が過ぎ今日まで至った、と言うわけ。

 

スイスではお葬式はすぐさまには行われないとのことで

私は葬儀に参加することなく、別者になった祖父にお別れだけを

言って帰ってきた。

一人になってしまった祖母との別れは、この上なく寂しく、

切なく、苦しかった。

祖父は93歳で亡くなったので大往生と言えばそれまでだが

何歳だろうと、もうお話が出来ないと言うのは寂しいものなのだ。

三年ぶりの再会の後のお別れは、なかなか精神的に堪えた。

ただ、亡くなる前に再会が出来たこと、何度も面会に行けたこと

一度だけ祖父とも老人ホームのカフェでお茶が出来たこと

これが何よりも、私の励みになった。               

 

     f:id:joju8:20140803220803j:plain

 

それから一週間、私は帰国し、

ジョイ・ジュラを迎えに行き

 

 f:id:joju8:20140806214642j:plain

(お迎えに行った時、すっかりマッタリ過ごしていたジョイ・ジュラ)

 

少しずつ日常を取り戻しつつある。

 f:id:joju8:20140806215251j:plain

 

ジョイ・ジュラの様子はと言うと、ジョイは心配していた

脱毛も起こさず、お利口さんでもあったらしく、元気だったが

ジュラちんは、すっかり痩せてしまい、ホソホソ娘になってしまった。

動かず、ろくにごはんも食べず、ずっとドンヨリしていたらしい。

ヒート後の低調期+夏バテ+ホームシック(?)になってしまったよう。

ジュラに一ヶ月のお預かりはキツかったようで申し訳ない。

でも、ジュラやん!私だって親戚付き合いとか色々大変だったのよ!!

帰宅後、ジュラの食欲は戻ってきており、元気も少しずつ戻ってきた。

ようやく一安心し、祖父の死も受け入れられているところ。

 

少しだけ話をベルンに戻すと、

首都ベルンは川に囲まれた小さな街で川を渡って

薔薇公園に向かって坂を登るとベルンの街が一望出来る。

  f:id:joju8:20140806220540j:plain

祖父が亡くなった頃の時間帯に私はこの坂を登って

初めて見るベルンの別の表情に感動をし

(それまでは、色々な思い出もあって、そんなにベルンの街が好きでなかった)

 

木に抱きついたり

  f:id:joju8:20140806220608j:plain
 
道に咲く野草に目を奪われたり

  f:id:joju8:20140806221013j:plain

とても良いひと時を過ごしていた。

 

今回のスイス滞在、そして近隣国への旅

忘れらない一ヶ月になりました。

 

f:id:joju8:20140806222106j:plain

    <ベルンで売っていたベルン⇔ヘルシンキの使用済封筒>

 

8月1日スイスの建国記念日

f:id:joju8:20140806222041j:plain 

 

 

 

長々と私事、失礼しましたm(__)m。