読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

チェコのお墓、スイスの近未来なお墓、そして実家のお墓。

今年の夏のプラハ旅行で世界最古のユダヤ人のお墓の一つである

Old Jewish Cemetery (旧ユダヤ人墓地)を訪ねた。

 

それがこちらであるf:id:joju8:20130917230606p:plain

f:id:joju8:20141017140600j:plain

f:id:joju8:20141017140129j:plain

f:id:joju8:20141017140626j:plain

                 f:id:joju8:20141017140201j:plain

1ヘクタールの土地に約10万人が埋葬されており、

様々な時代の墓石が並んでいる。

 
f:id:joju8:20141017140322j:plain
場所が限られていたため、死者は重ねて埋葬さたが
墓標は常に地表に出るように配慮されていたとのこと。
f:id:joju8:20141017140700j:plain
墓標の日付は古いもので1439年、新しいもので1787年。
お墓とは言え、私のような観光客が多かったが真剣に祈りを
捧げるユダヤ人の方もちらほら。

f:id:joju8:20140722135039j:plain

f:id:joju8:20140722134757j:plain

入場料はなかなか高かったですよ。

映画に出てくるようなお墓は想像力が膨らみ見応え十分!

 

 

 

墓気分になってきたので、現代よりのお墓も見に行くことにした。

 

New Jewish Cemetery(新ユダヤ人墓地)

f:id:joju8:20141017140804j:plain

静寂の中の小路を進むと

 

そこはいきなり森!

f:id:joju8:20141017141454j:plain

 碁盤の目の道で東西にメインの長い道があり↑

南北に小道がある↓

f:id:joju8:20141017145827j:plain

ユダヤ人墓地と違ってとにかく墓石が大きい!!

f:id:joju8:20141017141059j:plain

二メートル弱くらいあるのでは?

 

孔雀がデザインされている↓

f:id:joju8:20141017145834j:plain

f:id:joju8:20141017141256j:plain
 
しばし、ぶらぶら歩く。

f:id:joju8:20141017155453j:plain

すると、なんとなくこちらのお墓に辿り着いた。

 

!?

 

フランツ・カフカのお墓らしい!

と言っても海辺のカフカくらいしか知らない。カフカじゃないしー!)

驚きつつ、添えられているメッセージカードなどを眺めていると

カフカにお参りに来られたとおぼしき、若い女学生さんがやってきた。

そっかぁ、ここ有名なのだね。

 

そろりそろりと、こちらのユダヤ人墓地を後にして

お隣の現代チェコ人のお墓もお邪魔してみることした。

 

Olsanske Cemeteries

f:id:joju8:20141017141612j:plain

f:id:joju8:20141017161221j:plain

入ってすぐにお参りに来られている方々が目に入り

ここは観光でぶらつく場所でないなと、早々においとまさせていただいた。

どれもこじんまりとした可愛らしい墓石で、実生活から解放されて

旅行に来ているが、当然ながら旅先でも、人の生死の営みがあり

どこに行っても人間の生活って同じなのだなぁと、ふと我に返る

ような瞬間であった。

後で分かったことだが、ずっと奥の方に入ると、もっと古いお墓が

あるらしく、そこは見る価値があるしい。ちょっと気を使い過ぎてしまっかな?

 

ここでプラハのお墓は終了。

流石にこれだけお墓の画像が続くとちょっと

お墓疲れしてきましたな。

このシリーズ、やや長いがスイスの近未来なお墓を知って

色々と考えさせられたので、後日この内容について書いて

おこうと思う。

お墓!

人生、いつかは考える日が来るテーマですな。