読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

さようならLED、おかえり白熱電球

先日、注文していた照明が届きました。

その照明を紹介する前に、ここに至るまでの道のりを書いておこうと思う。

 

以前は京都のタチバナ商会で購入したフランス製のアンティーク照明を使っていました。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/joju8/20090722/20090722112643.jpg

 ガラスで作られたビーズは現代のビーズと全然違っていて

手作りの為一粒一粒の形が不揃いで、そのわずかないびつさが

灯りを付けるとなんとも言えない陰影を生み出し

私は灯りを付ける度に幸せな気分になっていました。

 

ところが、アンティークなだけに・・・十年程経ったころ

ポロポロとビーズが落ちはじめ、よく見ると紐が経年劣化により千切れ始め、

直そうと試みたものの根元の布がボロボロで、分解して布を代えない限り

とても修理は出来ないようでした。その時期に引っ越し(や介護)も重なっていて

ものずごくバタバタしている中で、なんとか新しい照明を探さなくては

いけませんでした。なんだかんだと迷ったりしつつも、無印のLEDランプに

辿り着いたのです。

 

まぁ、時代はLEDだし?電気代安いらしいし?とりあえず、試してみるか!

と心底満足したわけではなかったもの、なんとか決定した。

 

 f:id:joju8:20170318000909j:image

 

ところがどっこい・・・

LEDランプを付けてすぐに私は

「光が目に突き刺さるようで痛いじゃないか?!」

と思いました。なんだか陰影も少ないし、直線的で均一な光だなと。。

しかしだね、返品も出来ないし・・・、買ったばかりだし・・・、

しばらく使うことにしたのです。

それから三年と少し、もう、流石に買い替えよう!と言うかマジ限界!!

 

 

ってことで、先日flameさんに照明を見に行って来たのです。

www.flame-product.com

 

実際に買うかどうかは、現物を見るまでは決めていなかったけど

とても気に入る照明に出会えました。

 

それがこちら、tarte M と言う名前の照明です。

f:id:joju8:20170317162535j:image

 リネン素材のプリーツシェードのペンダントライトです。

下面カバーが付いていて、まぶしさに敏感な私にもぴったり。

(その下面カバーもプラスチックではなく布なので趣がある)

白熱電球とLED電球の両方が使用可能で私は勿論白熱電球を選択。

 

初灯火!!

 

灯りを付けた瞬間、ぷわっと光が部屋に広がり、なんとも言えない

暖かい光に包み込まれ、心底満足しました。

これ!これなのだ、私が求めていた灯りは。

 

 

写真を撮ると、回りが暗く映りすぎてしまうけどこんな感じ

f:id:joju8:20170317162554j:plain

リネンから透ける光がなんとも美しい。

 

照明の写真を撮るのって難しいですね(焦)

実際にはけっこう明るいのだ。

 f:id:joju8:20170318001753j:image

なので、リビングでくつろぐ時はこの灯りだけで十分なので

前より省エネです。(以前はダイニング+リビング両方の電気を付けないと暗かった)

 

 

 天井や壁に写る光がLEDのより美しい(と私は感じる)

f:id:joju8:20170317162647j:image

 ショッピングって一日にして成らずですね。

本当に気に入ったものを買うことが大事なのだとつくづく思った。

かと言って、最初にLEDに買い替えた時に高価なのにしていたらまだ

使い続けただろうし、よく分からない初めてのものは冒険しないのも大事だな。

時間がかかってしまったけど、やっと満足いく灯りに出会えて幸せであります。

 

てことで、ダイニングの照明も買い替えを検討中です。

 

あと、灯りに癒され過ぎて、ますます寝坊助な引き篭もりにならないように

気を付けなれば!

 

 

スポンサーリンク