Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

とりあえず進展

驚くことに、ジュラちゃんにわかに復活しつつあります?

 

昏々と眠り続けていたジュラ

f:id:joju8:20181103145411j:image

震えるように息をし、呼吸数は1分に60回をゆうに超え、
四股とお腹の皮膚の色が見たことないような灰色になって、
なんとかトイレに行く足取りも、今にも倒れるのでは?
と言う様子で、相当弱っているように見えたのだけど
1日の夜辺りから、目に力が戻って来た。

 

毎年恒例のお誕生日お祝いのケーキを食べていなかったので少し遅めお祝いを♪♪♪(目力あるでしょ?)
f:id:joju8:20181103145447j:image

誕生日に付けようと思っていたお花のヘアバンドを装着。

やっぱり似合うわ🌸

 

 

ケーキは犬用じゃなくて、人間用を!!!

f:id:joju8:20181103145649j:image

何でも食べさせて良いって言われたもんね!

 

もうね、ヘルシーとかどうでも良いの。
ジュラの食欲を刺激するなら、もう何でも食べさせるぞ!
(※下痢をしないようなものね)

 


喜んで食べてくれた!
f:id:joju8:20181103145430j:image
おぉっ、ジュラやんなかなか勢いがあるじゃないか!

 

 

ジョイじいも、もらおうとソワソワしっぱなし
f:id:joju8:20181103145418j:image

そこそこケーキを食べて、ご満悦なジュラちゃん。
ちなみに、この晩は晩御飯もけっこう食べてくれた。(ラム肉たっぷりとフード少し)

 

そして、信じられないことに
寝る前に外へ行くと自ら玄関に出たのだ。
出るなり、なかなかの勢いでリードを引っ張るジュラ!?
私も驚きっぱなし。(勿論、いつも程のパワーじゃないけどね)
あんまり、無理をさせたくないので5分以内に自宅に戻りました。

 

止血剤が効いてきたのだろうか?
医学ってスゲーな!?
あと、ケーキパワーもすごいな、などと思うのであった。

 

ジュラが苦しそうにしていると、こちらも胸が潰れるような
気持ちになるが、短時間でもジュラが元気な姿を見せてくれると
天にも昇るような幸せな気持ちになる。

 

 

翌日

心臓専門医から紹介していただいた腫瘍専門の動物病院へ
CT検査が可能かどうか診察を受けに行く。
f:id:joju8:20181103145528j:image

その前にチョロッとウンチタイム。

 

 

ていうか、どうよ、この勢い
f:id:joju8:20181103145450j:image


f:id:joju8:20181103145532j:image

マジで止血剤ってすごくない?!?!

 


f:id:joju8:20181103145440j:image

予約時間まで車で一緒に待ちます

 

 

ここから、診察結果を書きます。

 

脾臓の出血について

・ジュラが元気になってきているのは止血剤のお陰でなく、出血をした脾臓
 今、どこかに癒着をしていることで出血が抑えられ始めている。(止血剤なんて気休め)

・それに加え、前回の血液検査データから、今、凄い勢いでジュラの骨髄は
 血液を生産しているのが分かる。

・元々、赤血球やヘモグロビンが高い体質であるのも、今回助かった一因

・ここ半年で、過去にも脾臓が出血したはずである

・今度、出血をしたら助からないだろう

・次の出血はいつ起こるか分からないが、そう遠くない将来に再び出血はするだろう
(なんなら、今夜にでも・・・)

 

CT検査について

全身麻酔のリスクはあるが、眠らせるのは短時間、深さもオペ程ではないので、オペよりリスクは低い。(リスク5%)

・CT検査では腫瘤が悪性か良性かは分からない

・CT検査で他の臓器への転移があるかどうかは分かる

・CT検査で手術が可能かどうか、リスクの高さなど判断が出来る

 ・CT検査でオペの計画が立てられる(オペの時間短縮に繋がる)

 

と言うことで、麻酔のリスクをしょってでもCT検査を受けさせることにしました。

この日、触診で後ろ足の太ももにシコリも発見されたので、麻酔中にそのシコリの細胞も採取してもらう。(検査に出すのに)

CT検査で脾臓だけでなく、子宮・卵巣も撮影してもらい、他に転移が見られず
癒着具合などで、脾臓の摘出が容易に済むのなら卵巣の摘出もすることに。
(転移があるのなら、意味がないので卵巣は摘出しない)(ジュラの心臓病の手前、避妊手術をするなら今しかない。もし、今回うまく助かって来年蓄膿症になってもオペが出来るか分からない)

 

月曜日にCT検査を受け、10日に詳しい検査結果を聞き、手術が可能なら翌日11日に
オペです。

 

尚、オペによって麻酔で目覚めない可能性もあるし、弁膜症が進行するリスクも
ありますが、どのもちオペをしないと、いずれ大量出血を起こして亡くなるので
私はリスクを取ることを選びました。

 

と言うのも、ジュラの身体は弱って死にかかっているように見えたけど
そうではなくて、生きようと必死に血液を増産し、ジッとすることで破裂を予防し
必死で自己治癒をしていたのだと分かったからです。

彼女の身体はまだ生きたがっています。
それには医学の力の助けが必要だと判断しました。
もし目覚めなければ、それは安楽死だったと覚悟を決めます。

 

どういうオペになるかは分かりませんが、オペが可能であることを願っています。

そして、それまで破裂しないことを心から願う。

 

今のジュラにとって大切なことは、とにかく“食べ物”。

血液を作るのに食べ物という材料が必要なのだと医師に言われた。
食い付きのよいお肉メインにあげていたけど、体重増加の為ににも
フードを増やすことにしました。

f:id:joju8:20181103145509j:plain

少し残したけど、今朝は食べてくれました!
徐々に朝の食欲も戻ってきました。(毎朝、食べてくれるかドキドキします)

あと、オヤツも大切ですね。

栄養豊富なZIWI!
f:id:joju8:20181103145454j:image
f:id:joju8:20181103145422j:image

 


食べたあとは、再び眠りに付きますzzz
f:id:joju8:20181103145425j:image

ジュラちゃんは頑張っています!!

 

 

今日も走り書きなので、内容が分かりにくかったらすみませんm(__)m

 

 

スポンサーリンク