Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

六アイのドッグラン

六甲アイランドのドッグランに登録しに行ってきた。

f:id:joju8:20190302160400j:image

たぶん、ここに来たのは四年ぶりくらい?

 

joyjura.hatenablog.com

 

登録システムがややこしくなって面倒だったのと、ここじゃなくても近くで良い遊び場を見つけたのと、ジュラが心臓病になったのが重なってすっかり足が遠のいていた。その間に二度程ここのドッグランでトラブルがあって?体制も色々変わって??昨年の11月に完全ボランティアで再オープンしたらしい。

 

久々に来て驚いたのは、ただの広っぱだったのがしっかりとした柵で小型犬・大型犬エリアに分かれていて、管理事務所みたいな小屋?が出来ていたこと。(ラン自体はエリア別になって狭くなった)

 

登録が出来るのは月にたったの一回!

 

利用日は平日のみ、神戸市民の登録料は¥3000(市民以外は¥5000)、ランに入った際はきっちりノートに入出記録を書くようになっている。

 

その月一回の登録日が3月1日だったので行ってきたというわけ。

 

f:id:joju8:20190302164057j:image
これで二か所登録したことになる

 

フローレンを実際に迎えるまでは若くないだろうという事で、ドッグランに登録する気もなかったのだけど、時たまフローレンが家で激しく動く瞬間があって、まだ運動を必要しているっぽく?時々発散させた方が良いと思ったのと、六甲アイランドは車が侵入出来ないエリアが広く、街中ウォーキングに慣れるのに最適だと思ったからである。

f:id:joju8:20190302160250j:image
ジョイはお疲れモードだったのでカート

 

 

ジョイ兄は登録しなかったよ!

f:id:joju8:20190302160601j:image

あと11日で15才、ドッグランはもう良いでしょ

と言うのと、

ここは小型犬と大型犬エリアがきっちり分かれていて、フローレンは大型犬エリアの登録になったのでジョイとフローレンは同じランに入ることが出来ない。それならば、登録しなくて良いかなと。

 

なので、中に入る時は一人がジョイと外で待って、もう一人がフローレンと中に入ることになる。

f:id:joju8:20190302161043j:image

こんな写真しかないけど、少し走ったよ。この時のランは貸し切り状態。

 

ランの周囲にはコンクリートの溝があって危ないんだよね💦

そういえば、ジュラもたまに危ない時があったっけ。すっかり忘れていたけど、フローレンと来て思い出したわ。ランに入るなり何度か足が落ちてしまった・・・。
その後、フローレンがランの外を歩いている犬が気になって溝のある柵の方に向かってダッシュしようとしたけど、「マテ!」と声を掛けたら、伝わったようで止まってくれた。これを三回くらい繰り返したけど、今のところ制御が可能なことを発見して、またまた一安心。フローレンはなんて賢いの!と日々感心しっぱなし。(親ばかサンキュ~♪)

一旦ランを出て、しばし六アイの街を散歩。

 その後、再びランに入ると、たまたまいらしていた常連さんたちがとても感じの良いワンコ(ゴールデンとボダコと深キョンのドラマにも出ているオールドイングリッシュシープドッグ!?め、めずらすぃ~)と飼い主さんばかりで、みんなフローレンをすごく可愛がって下さってとても嬉しい(*ノωノ)

再オープンしたばかりのドッグラン、今はとても順調に運営されているらしい(*^^*)

f:id:joju8:20190302164528j:image

私たちも、また行こうと思う!

 

 

ところで、余談だけどウィペットとイタグレの違いにスタミナがあると思う。

私が見てきた限りだけど、どちらも本能的に走ることが必要であることな間違いない

だけど、スタミナが違う。イタグレは若い時には底なしのスタミナがある。(若い時どころかジョイは10才になってもバリバリに走っていた)

その点ウィペットは爆発的な走りをするがスタミナが切れるのは早い。

走るのも毎日でなくて良い。むしろ、走ったあとの休息期が大事。
(若い頃のジュラには本人が望むままに走らせ過ぎたのでは?と思ったりもしている)

今のフローレンは、エネルギーの発散に

たまにの一本

だけで十分だと思う。

そういう意味ではウィペット の方が私には飼いやすい。イタグレは若者向き?と言うか、スタミナがある人向きだと思う。ウィペットは毎日の散歩と別に、時たまドッグランなどフリーな場所で思いっきり自由に走らせてあげれば、あとは家でのんびり寛いでいる。
イタグレが若い時は、ほぼ毎日ちゃんと走らせて発散させてあげないと、家の中で飛んだり走ったりして、大変なことになる という印象がある。

勿論、その子の性格にもよるだろうけど、イタグレを落ち着いた犬に育てるのは、けっこうなエネルギーを必要とする。(ジョイの時はそれなり頑張ったと思う)

落ち着いた犬でなくエネルギッシュな犬が理想ならば、それはそれでよし。

とにかく、色んな面を考慮して私たちが今後イタグレを飼うことは二度とない。

 

そんな私たちにとってジョイは一生に一度だけの特別なイタグレ!

 

そんなジョイとフローレンの仲良しショット❤︎
f:id:joju8:20190302163628j:image

f:id:joju8:20190302163624j:image

 

最近は同じソファーでも寝るようになったし、耳が遠いジョイがジュラにしていたみたいに家の中ではフローレンの動きを指標にして行動するようにもなってきた。

その一方、外ではジョイの方が頼りがいのある兄さん!

 

良いコンビになってきました(*´∀`*)

 

※イタグレとウィペットのスタミナの違いについて当然それぞれに個体差もあるので、軽〜く 聞き流していただけると幸いです。

 

 

スポンサーリンク