Joy & Jura

ウィペットと共に静かに暮らしています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

思い出の場所へ

9月10日さり気な〜くジョイの一回目の命日が過ぎました。

はぁ〜 こうやってブログに上げるのも なかなか気が進まなかった。

最後のジョイの苦しみようは思い出したくない。

かと言って、楽しいことだけを思い出せるほど心の整理が付いているわけでもなくて、ジョイの写真とか動画を見るとなかなか辛いですわ。

そんな中、久しぶりに勇気を出して、最後にスタジアムへの散歩に行った動画を開いてみました


Last walk with Joy

8月26日こんなに元気だったのに二週間後には逝ってしまうなんて。

でも、よく見るとジョイ少ししんどかったのかな?

一生懸命私に付いて来ようとしている、足腰の為に頑張らせないと!と思っていたけど無理をさせていたかも・・・、もっと ゆっくり ジョイに合わせて歩けばよかった

 

ジョイ ごめんよーーーーーーーーーーーーーー ー(T . T)

 

元々、すごく体力のある子で心臓がとても強かったせいか、最後にスッと逝けず

たった8日間の闘病だったけど、苦しかったよね。。

 

本当はもっと長生き出来る素質を持っていたけど、私の何かが間違っていたのだと思っています。

ジュラの方が11歳と短い寿命だったけど、とても悪性度の高い癌だったので、致し方ないのかな?と納得せざるを得ない節もある一方、15歳半と生きたジョイに関しては悔いがあります。

てことを一年前にも書いたっけな?結局同じ話の堂々巡りですわ。

 

 

 

こちら、一番気に入っているJoy & Jura の写真✨

スマホの待受もずっとこれ!

 

 

ちょうど8年前の今頃、六甲カンツリーハウスに遊びに行った時の思い出です。

 

 

ここに昨日、フローレンと遊びに行ってきました。
f:id:joju8:20200914223045j:image

そのことはまた次回に♪( ´θ`)ノ

 

 

 

ジョイ・ジュラに一番に教えてもらったことは、人生を楽しむことの大切さかな。

とても寂しいし、こういう寂しさを色々抱えて生きていくのが人生だと思います。

ほんま感謝しかありませんわ。

 

その時の気分によるかもですが、命日ブログ的なことは今後はもう書かないと思います。

とても個人的な領域のことで、人と共有したいことじゃないかなって気がしてきています。

ひっそりと自分の胸に抱えていきます。

 

余談:先月末驚いたことがありました。なんと、偶然にも同じ日に私とUの夢にジョイが現れたのです!これ、ちょっとすごくないですか?!