読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

ガレット・デ・ロワ祭り

グルメ

 

f:id:joju8:20170115174844j:plain

神戸でもほんの少し雪が積もりました。

 

 

そんな一月はガレット・デ・ロワの季節です。

 

ハイ、この前の続編です⤵

joyjura.hatenablog.com

 

友達を我が家に招待しまして、一緒にガレット祭りを開催することにしました。

(友達、U、私の三人で)

 

 MAIZON MURATA のガレット・デ・ロワ

f:id:joju8:20170115174944j:plain

箱を開けた時のトキメキと言ったら・・・!!

真ん中が凹んでおり、端に向かってふっくらとパイ生地が膨らみ美しいカーブを

描いています。勿論、サックサクのパイ生地です。

中のアーモンドクリームはしっとりとほどよく水分を含んでいるので軽め食感です。

店頭でカット売りされており、ホールで買いたい場合は予約をします。(¥2000)

 

crea.bunshun.jp

 

 

 

récolte のガレット・デ・ロワ

f:id:joju8:20170115175000j:plain

 サイズが小ぶりなので、気軽にホール買いが出来る一品です。

こちらもパイ生地はサクサクながら、中の具がどちらかと言うとずっしり系で

少量でも満足感のある一品です。と言うのも、中のアーモンドクリームに

マロンやドライフルーツが練りこまれているらしく、それがこちらのお店

独特の味わいを醸し出しています。(カット・ホール両方買えます)

神戸の美味しいパンの店 ブーランジェリー レコルト


 

 

(参考までに)⤵

 

ビゴの店ガレット・デ・ロワ 

f:id:joju8:20170115175023j:image

(こちらは前回日記の写真を使用)

記憶が薄れつつありますが、ビゴのが一番洋酒が効いていたような気がします。

よって、最も“大人のガレット”と言うのが私の感想です。(ホール売りのみ)

フランスパンで有名なビゴの店 公式ホームページ


 

 

 

中の具を比べてみると

 

左:レコルト         右:メゾン・ムラタ

f:id:joju8:20170115175430j:plain

 

ビゴの店

f:id:joju8:20170104121948j:plain

それぞれに違いますね。

生地の膨らみはなんと言ってもメゾン・ムラタです。(ここのが一番好き)

三者三様ではありますが、実はレコルトもメゾン・ムラタもビゴの店

修行をされた経験があるのです。(メゾン・ムラタはその後パリで修行をされてますが)

ビゴの店って新たなパン屋さんを生み出す宝庫なのですねぇ。

 

 そんな話をしながら、ガレット祭りはひっそりと開催されたのでありました。

f:id:joju8:20170115175317j:plain

 なんとも食道楽な時間ですね!

 

 

あら、まるで粉砂糖のような白さだこと!

f:id:joju8:20170115175522j:image

そういえば無印で売っているブールドネージュも好きなんです。(ネージュ=雪)

このお菓子もアーモンドが入っているので、アーモンド系のお菓子が

好きなようです。(と気付きました)

 

ガレット祭りの数日後には珍しい雪が降り

f:id:joju8:20170115175459j:plain

 

 

f:id:joju8:20170115175538j:image 

雪と共に今年最初の記憶に残る思い出が出来ました。 

 

 

 

スポンサーリンク