Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

ジョイなりの挨拶

我がジョイは7歳であります。               
f:id:joju8:20111005171711j:image:w400
                     プラムが連なったような巨大ブドウ
三歳の時に一度、引っ越しを経験しています。          
よって、それなりに色んな動物病院に行ったことがある。
そして、基本的にジョイは病院好き。
その心は・・・
パピー時代にめぐり合ったY動物病院のY先生が犬と話するのが上手だったから!!


その頃、たぶん私たちもまだ、そんなにジョイと話すのが上手でなかったかも知れない。
だから、余計にジョイにとっては、Y先生は話せるヤツであり(失礼(>_<)あくまでも犬目線ということで)
たまに意味不明に痛いことをするけど、いざと言う時は痛いのを治してくれる“良い人間”で
あったように思う。
それまでは、病院嫌いだったジョイがY先生と出会ってからは、Y病院の近くを通るだけで
「行きたい!行きたい!!」とリードを引っ張るくらいになったのだ。
我々もY先生を信頼していたので一生、こちらでお世話になるつもりだったのですが
事情があって、引っ越しをしたんですねぇ〜。
私たちには、Y先生という揺るぎない理想像があったので引っ越し後
こちらでの動物病院巡りが始まる、というわけ(^^)/


そこで、よく繰り広げられる、 “ジョイの精一杯の挨拶の図”を紹介させていただこう。

  • まず、初めての病院に行くとジョイはドキドキ・ソワソワします

f:id:joju8:20111023003504j:image:w450
診察台の匂いを嗅いだり、クルクルと回ったり、Drをチラ見したりする。


「とりあえず、匂いチェックもしたし、どうやらこの人間が今回のDrやな。
お春丸もエエこせぇ言うてるし、ここいらでいっちょDrに挨拶するか!!」

という瞬間が来て、ジョイは誇らしげにDrの顔を見てフセをする!!
f:id:joju8:20111023003525j:image:w450

わたしは、心の中で先生に向かって、今です!!
今、ちょっと誉めていただければ、ソイツ簡単に手玉に取れますから(≧0≦)
と叫ぶのです。


先生から見た図=実写版の再現だとこんな感じ
             ↓↓
f:id:joju8:20111021215547j:image:w300

         さ・ら・に!!!


ジョイにとって最上級のイイコのポーズの手交差を自らして見せて
f:id:joju8:20111022233754j:image:w480
ジョイなりにお近づきの挨拶をするのです!!!



先生、今です!!!



・ ・ ・ ・



一瞬、Drの目線はジョイに向けられますが・・・気付きません!!
f:id:joju8:20111023003622j:image:w480
そして、ジョイはすっかり意気消沈して、いじけて、そっぽを向いてしまうのであります。


ちゃんちゃん♪♪
とまぁ、このように、先生には見えないやり取りが繰り広げられるのである。
飼い主としては、気付いてたってぇーーーと一瞬、思ってしまうけど
Drたちも、真剣にジョイの身体と向き合ってくれているのだ。
しかも、コミニュケーションが取れたからと言って、治療が適切とも限らない!!
ただ、治療もコミ二ュケーションも長けていたY先生という巨像があるゆえ、
ついつい獣医師に多くを求めてしまうのよねぇ。


日常ではジョイ・ジュラが訴える、わたしへのサインを見逃すことは、しょっちゅうあるというのにね(^_^;)



ち・な・み・に
f:id:joju8:20111019115924j:image:w300
ジュラッポは、Drとのコミニュケーションとか興味がないらしい。