読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

名画に見る“犬”

前の日記と同じ写真で恐縮ですが、六アイでお見掛けしたブリュッセルグリフォン
f:id:joju8:20130112150816j:plain:w500
という犬種のそのお姿、一見マルチーズやヨークシャテリアのようであるが、全く
持って違っており、なんとも言えない人の心を掴むその可愛らしい動きと雰囲気が
気になって調べてみると、


なんと!!

あの、言わずと知れた、誰もが一度は目にしたことがあろう超有名な謎多き名画
“アルノルフィー二夫妻像”にブリュッセルグリフォンが描かれていることが分かった!!

f:id:joju8:20130118154827j:plain
ヤン・ファン・エイク作 <1434年>

              ↓ ↓
                        

f:id:joju8:20130118154836j:plain:w450


578年の時を経て、品種改良されたその姿は当時と異なるようだけれども、
きっと、根本的な雰囲気は変わらないのだろうと推測する。
そう想像すると、この名画がまた、違ったように見えてくる。

そっかぁーーーー、
アルノルフィー二夫妻の足元にいたワンコって、こういう感じの犬だったのかぁーー!!
久々に気持ちが揺さぶられた発見だなぁ。



はたまた話変わって、今年いただいた年賀状の一枚
f:id:joju8:20130118164048j:plain:w400
版画「雪眼鏡をかけた夫妻」カルヴァク作(イヌイット)<1982年>

流石、級友、ニクイことをしてくれるじゃないかっ。(表面には自作の蛇のちぎり絵が)
私のツボを心得ておってからにっ=3
一本してやれたり、だな。


時代や文化・画風が全く異なる二枚の絵を登場させたけど、どちらの絵でも
共通しているのが人間の傍にさりげなく犬がいるってことだなぁ。

そして、わたしの傍にも犬が・・・むふふふふ( ̄m ̄ )♪♪


スポンサーリンク