Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

ジョイ・ジュラと夙川を歩く

今日も桜散歩
f:id:joju8:20110413154649j:image:w500

でも、いつもとちょっと違う
f:id:joju8:20110413160131j:image:w400
水面に花びらが浮かぶ、その場所にやって来た


ジャーン!
f:id:joju8:20110413154439j:image:w500

ここは、夙川
f:id:joju8:20110413154356j:image:w500

谷崎潤一郎細雪にも登場する、ちょっとハイソな隣町、西宮。
f:id:joju8:20110413154452j:image:w500
f:id:joju8:20110413163902j:image:w500
f:id:joju8:20110413155723j:image:w500
屋台なども出て賑わっている


f:id:joju8:20110413154309j:image:w500
桜名所100選な夙川公園。

阪急電車で山手の苦楽園まで行き
そこから、ひたすら南に向かって川沿いを歩く。
f:id:joju8:20110413160210j:image:w500
時に川を渡り
f:id:joju8:20110413160202j:image:w500
時に新緑の間を歩き
f:id:joju8:20110413170842j:image:w500

川の左右をジグザグに歩いて辿りついたそこは



f:id:joju8:20110414155340j:image:w600
  である。

この感じ、頭の片隅になんとなく記憶にございませんか?
あの、悲しい悲しい、観ると気分が落ち込むアニメ「火垂るの墓」に登場する海である。
たしか、お兄ちゃんとセッちゃんが川沿いを歩いて海へ遊びに行く、唯一、明るく楽しい
場面で登場する海。その海岸に辿り着いたわけである。
f:id:joju8:20110413173817j:image:w500
お花見だけだと犬には、つまらないもんね。
ここの浜は広く、夕方には犬が集まると聞いていたので
それを狙ってここまで来たのだ。
f:id:joju8:20110413173058j:image:w500
案の定、犬がいた。軽く挨拶を済ませる。


一先ずは、犬たちと距離を置いて、遠くの方でジョイ・ジュラを放してみる。
一気にストレスが解放されたのか豪快に二匹で戯れ走る。
f:id:joju8:20110413174038j:image:w500
あまりにも広いせいか、ジョイの全身から喜びが溢れ出た!
最近は近所でもお花見なので走れなかったもんね〜。
元気なジョイ兄を見ると嬉しいぞ。


時は熟した
f:id:joju8:20110413173718j:image:w400
そろそろ本格的に犬集団のところに遊びに行こう!
f:id:joju8:20110413174914j:image:w500
リーダー格と思われる彼女も我々が来るのを見ている。
名前はメイちゃんだって。


挨拶♪挨拶♪
f:id:joju8:20110413175159j:image:w500
f:id:joju8:20110413175013j:image:w500
「こんにちは、ナナちゃん!君はナナちゃんだけど男の子なんだね」


結局このあと、ジュラは
f:id:joju8:20110413175016j:image:w500
メイちゃんとナナちゃんに追いかけてもらって
f:id:joju8:20110413174901j:image:w500
再び、走った走った。
ジョイ兄もジュラを追いかけようとしたけど、既に充分ジュラと走っていたので
行かせなかった。


お疲れさん
f:id:joju8:20110413175215j:image:w500
せやけど、ジュラッポちゃん、あんた張り切り過ぎとちがう?

ジュラッポ、年上のメイちゃんが余程気に入ったようで
f:id:joju8:20110414170208j:image:w300
姉のように慕って後をついて行く。
私が言うの、なんなんですがジュラッポ、あんた
そういうところが本当に可愛いね


やっぱり、ここはアニメ通りに明るくなれる場所なんだね!
流石のインドア派&近所派のチームJ&Jも、久しぶりに自分の生活圏から
離れて、違う所へ遊びに行って、とても気分転換になったし楽しかったぞ。

最後にここで一句
f:id:joju8:20110414182727j:image:w500

我ながら、センス無し子ちゃんやなぁ(^_^;)
言いたいことは、「花より団子」ならぬ、「花より犬」ということ。