Joy & Jura

イタグレのジョイ兄とウィペットの妹ジュラとの生活をお春丸が記録しています。犬のことも犬以外のこともぼちぼち書きます。

動物好きは一日にして成らず・の続き

ブラジルから今度はマレーシアへ移る。
そこでお姉さんができた(*^_^*)☮

f:id:joju8:20090405223318j:image:w500

東南アジアの雑種・ブラウニーと命名した。
茶色いから。
当時のマレーシアのペットショップは野外に檻がズラーーーッと
並んでいて父と一緒に選んだ。
私は生後2ヶ月くらいの仔犬が欲しかったのだが仔犬の
世話と教育を母犬代わりにするのは大変だという理由から
決して仔犬を選ぶことはなかった。

同じ店で黒猫も買ってもらった。名前はBuchi。
この黒猫ちゃんは、たまに苛めてしまったこともある(>_<)
今でも悔やんでも悔やみきれない。

ブラウニーは本当にお姉さんみたいで午前中は一人で近所をぶらつき
私が学校から帰る頃に帰宅して私を出迎え、一緒にお昼寝を
するのが日課だった。
頭をお腹に載せさせてもらったり、ハンモックに一緒にのったり。
よくコーヒーみたいなダニも捕ってあげた。
私の頭にそのダニがうつったこともあったし、シラミも湧きました〜(#^.^#)きっと当時の私は確実にジョイとジュラよりも不潔だったと思う!

今と違うのは犬と同じような立場であること。
ようするに親がトップで我々は親には敵わない。
ブラウニーとの関係も私が教育するようなことは何もなく
きっとテレパシーのような方法でコニュケーションを取っていた
時が多々あったと思う。

この後、ブラウニーとは生き別れになった。
しばらくは一人マレーシアに残っていた父が飼っていたが
父の転勤を機に同僚の元で飼われることになったものの
ブラウニーはその家を出て二度と帰ってこなかったと聞いている。

絶対に私を探してた(>_<)。生き別れも相当つらいものだ!!

だから犬の寿命が短いのはつらいけど、ジョイとジュラを看取れる
であろうということが嬉しくもある。

ブラウニーの後、犬を飼うことはなく
今、やっと本来の犬生活ができているという実感。
気付けばジョイとジュラの顔に歴代の面影を感じる。
ジョイはブラウニーっぽいしジュラはちょっとダックスっぽい。

f:id:joju8:20090405161708j:image:w500

f:id:joju8:20090406010243j:image:w350

自分で犬と生活するというのは
子供テレパシー力の低下とこちらがかなり年上という立場より
最初は中々大変だった。かなり勝手違う。
でもトレーナーの先生の指導のおかげにより
すっかり順調(*^。^*)ワンコたちは我々の言うことを理解
してくれている。
ここからはもう一度テレパシー力を復活させて
ワンコたちの言うことをもっともっと理解できる
ようになりたい☆